へっ

意味

肩こり。肩の痛み。へき。

由来/語源

「首すじから肩にかけての筋のひきつり、肩凝り」という意味の「玄癖・肩癖(けんべき)」の転訛。肩甲骨の内側で、第七胸椎との間を「へっ」と言います。

用例

へっが、でおたで、えつどんすえっみろ。(肩凝りがするから、お灸を据えてみよう。)