われじょご

意味

笑い上戸

由来/語源

「笑い上戸」の転訛です。律令制で、大戸、上戸、中戸、下戸の四等戸の二番目で、6〜7人の正丁(21歳〜60歳までの健康な成年男子)がいる戸を上戸と言い、上戸は、婚礼の時にたくさんの酒を出すことができるので、酒のいける口を上戸と呼び、この上戸が、笑いに付いて、酔って出る笑い癖を表すようになりました。

用例

やまいもほいは、のさんどん、われじょごは、よかと。(酔って管を巻くのは、困るけど、笑い上戸はいいよ。)