ぬしただい

意味

雨垂れ

由来/語源

「軒下垂れ」の転訛です。

用例

ぬしただいでん、じだい穴がほぐんでやなあ。(雨垂れでも、地面に穴が開きますからねー。)