やまいもをほっ
【意味】
 くだをまく
【由来/語源】
 「山芋を掘る。」の転義、転訛です。山芋(自然薯)は、山中に自生していますが、細長く、曲がりくねっているので、「ぴんつ。きんつ」という専用の道具を使って、折れたら価値が半減しますので、折れないように気を付けて、掘っていきます。たった一人で、「また、曲っちょったどねー。」と、ブツブツ言いながら掘り進めるので、これが転義して、酔って管を巻くことを言うようになりました。
【用例】
 あん、おいさんな、よくろえば、やまいもをほいやっで、すかんがよ。(あのおじさんは、酔っぱらうと、管を巻くので、嫌いだよ。)